SGギャラリー SG-G フォトコンテスト・審査結果発表ページ
前のページへ トップページへ ひとつ前のページへ 次のページへ
spacer
SG-G フォトコンテスト審査結果ぱっひょう
spacer
グランプリ グランプリ 1 名 賞金 10 万円  
グランプリ
spacer
spacer   spacer
  グランプリ写真  
spacer   spacer
spacer
spacer   spacer
  作品No.:9592
作品名:Lift up

撮影者:kun2 様

● 作者コメント ●
ミニチュアカメラを水中に落とした
ところを撮影し、後で天地を
逆さにしています。
 
spacer   spacer
spacer
spacer   spacer
 
■ 講評 ■
全投稿者の 「 躍動 」 というテーマに対しての真摯な取り組み方には頭が下がる思いですが、その中でも水自体に 「 躍動 」 を演技させている本作品はひとつ異色を放っていました。コマフォトにありがちな、少し奇を衒った感もある作品ですが、こうしたシーンを実際に撮るとなると、技術はもちろん発想と根気が必要です。
 
spacer   spacer

 

グランプリ ニッシン賞 1名 ニッシンストロボ1台+2万円  
協賛企業賞
spacer
spacer   spacer
  協賛企業賞  
spacer   spacer
spacer
spacer   spacer
  ● 該当無し ●
 
spacer   spacer

spacer ■ 講評 ■ spacer
  今回は残念ながらニッシン賞への該当作品はありませんでした。今回の賞金は第5回 「 線 」 のニッシン賞受賞者にキャリーオーバーで授与いたします。これにより次回のニッシン賞受賞者には、ニッシンストロボ1台と賞金4万円が授与されることになります。  
spacer   spacer

 

グランプリ ケンコー・トキナー賞 1名 トキナーレンズ1台  
協賛企業賞
spacer
spacer   spacer
  協賛企業賞  
spacer   spacer
spacer
spacer   spacer
  作品No.:9404
作品名:大物ゲット

撮影者:てるくみ 様

● 作者コメント ●
カワセミが魚をくわえて
水中から上がってくる瞬間を
初めて撮影に成功しました。
 
spacer   spacer

spacer ■ 講評 ■ spacer
  ホバリング以上に、滅多に撮れないといわれる、餌を咥えたカワセミの貴重なダイビングフォトです。被写体が既に躍動そのものですが、それ以上にこの撮影に成功した作者の心の躍動が思い浮かびます。  
spacer   spacer

 

グランプリ 日本写真映像用品工業会賞 3名 写真映像用品年鑑  
協賛企業賞
spacer
spacer   spacer
  協賛企業賞  
spacer   spacer
spacer
spacer   spacer
  作品No.:9795
作品名:熱唱

撮影者:ゆう 様

● 作者コメント ●
彼女が歌うのは新ジャンル、
R & E ( リズム & エンカ )!
 
spacer   spacer

spacer ■ 講評 ■ spacer
  暗いライブハウスでの動きのある被写体の撮影は大変ですが、作者は明るい F1.8 の 50mm 単焦点レンズで、増感して挑戦しているようです。被写体の動きに合せた構図のとりかたも上手です。  
spacer   spacer
     
spacer
     
 
spacer   spacer
  協賛企業賞  
spacer   spacer
spacer   spacer
  作品No.:9349
作品名:神代杉

撮影者:y-sasaki 様

● 作者コメント ●
山形県大蔵村幻想の森の古代杉です
 
spacer   spacer

spacer ■ 講評 ■ spacer
  「 静 」 なのに 「 動 」 を感じさせる被写体の代表と言えるのが、本作品のような樹齢を重ねた樹木でしょう。見事な被写体選択ですが、難を言えば、主題が背景の木々に埋没しています。もう少しだけ主題を引き立てる工夫が欲しいところです。  
spacer   spacer
     
spacer
     
 
spacer   spacer
  協賛企業賞  
spacer   spacer
spacer   spacer
  作品No.:9494
作品名:あれっ?

撮影者:geta 様

● 作者コメント ●
主がいなくなったサーフボードが空中へ
 
spacer   spacer

spacer ■ 講評 ■ spacer
  レリーズはいつ押すべきか? 常々、物語の前後を連想させうる瞬間がベストタイミングだと考えてきました。本作品は、ハイコントラストなモノトーンで、一見シリアスなイメージですが、この一瞬手前にサーフボードを残して波間に消えたサーファーの姿が目に浮かびます。  
spacer   spacer
spacer
■ご注意
当コンテストの審査結果につきましてのお問い合せなどは、StudioGraphics ギャラリー事務局や、株式会社スタジオグラフィックスではお受けできません。予めご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。
spacer
spacer
スタジオグラフィックス
クレジット
前のページへ トップページへ ひとつ前のページへ 次のページへ